健康 婦人科系

婦人科系のトラブル ②食事的対処法

こんにちは。

山添ともこです。

 

 

 

今日は 婦人科系のトラブル 対処法ー②です。

②は 食事バランスを改善する方法

についてお伝えしていきますね。

 

 

 

 

 

 

 

加工食品が増え、

出回っている野菜や果物たちは農薬が増え、

昔と比べると野菜や果物そのもの自体の栄養価は

かなり低くなっています。

 

 

 

昔の人たちと同じだけ食事をとっても

摂取できる栄養素は少なくなっているにもかかわらず、

カロリーはオーバーで過食傾向にあります。

 

 

 

子宮筋腫や卵巣嚢腫、婦人科疾患を患ったら

次のことを実践してみてください。

 

 

 

 

 

 

 

① 乳製品・バター、ヨーグルト、牛乳、豆乳、などの摂取をやめる

 

 

ホルモン調整された牛の乳は、

ホルモンバランスが崩れています。

 

 

それを摂取することで

体内のホルモンバランスが崩れてしまいます。

 

 

私自身も子宮(生理)の調子が悪くなった時に

これをやめて

調子が治りました。

 

 

 


② 動物性タンパク質をとるのをやめる

 

 

お肉やお魚・卵などのタンパク質が血液を汚してしまい、

汚れた血液が子宮内にとどまることでトラブルが起きます。

 

綺麗な血液を作ることを意識すると

疾患が治癒していく可能性があります。

 

 

 

 

 


③ 食事量を減らす

 

 

胃で消化できる量以上の量を食べてしまった時、

小腸で吸収するはずだった栄養素が

うまく吸収されず

胃腸内に腐敗物としてとどまってしまいます。

 

 

 

その結果、汚れた血液が

子宮など全身に回ってしまうことになります。

 

 

 

 

食事量を減らすことで胃腸の働きが正常化し、

血液が綺麗になることが期待できます。

 

 

 

 


④ お菓子・インスタントなどの加工食品をとるのをやめる

 

 

加工された食品を消化し、

外に排泄することは

 

子宮や卵巣だけでなく

内臓全体に大きな負担をかけます。

 

 

インスタント食品などをやめ、リアルフードをとりましょう。

 

 

 

 

 

 

ホルモンバランスをつかさどるのは、自律神経。

 

 

 

自律神経は交感神経と副交感神経から成り立ちます。

 

 

 

ホルモンバランスが崩れるのは、

このバランスが悪くなるからです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自律神経が正しく働いていくれるからこそ

ご飯を食べたときに 食べた物を消化して、

不要なものを体の外に排泄したりできるんですね。

 

 

 

ホルモンバランスを整え、

自律神経のバランスを乱さない食事を意識していきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自然治癒力で心を体を健康にする

思考と感情を整え方

 

メルマガ登録はこちら

 

-健康, 婦人科系