健康 山添ともこについて

アトピー性皮膚炎の原因と完治までのロードマップ【完全ガイド!】

こんにちは!

自然療法研究家の山添ともこです。

 

 

 

健康の仕事ひとすじ22年。のべ4万人の方のボディケア、メンタルケアをおこなってきました。大阪、沖縄でヨガ・ピラティススタジオを経営をしたあと、自然治癒力アカデミーを運営しながら遊牧民暮らしをしています。

大阪→宮古島→海外放浪→4年前に沖縄本島へ移ってきました。

 

 

 

 

アトピー性皮膚炎の原因と完治までのロードマップ

 

 

 

日本経済新聞によると、アトピー人口は2008年に約35万人だったが、

2017年には約51万人にまで増加しているそうです。

 

 

死ぬことはない病気ではありますが、かゆみでぐっすり眠ることもできなくなり、

何より見た目の問題で、気持ちが落ち込むことが増えるのがこのアトピーという病気です。

場合によっては就職に影響するケースもあるでしょう。

 

 

実は、ステロイドの長期的な使用によって、自律神経のバランスまでもを崩していくというのが現状です。

 

 

私自身も、真っ赤に腫れ上がるほどひどいアトピーがあり、

20年にわたるステロイドの使用から脱ステロイドをした時、大きな苦しみを経験しました。

 

 

 

現在は、アトピーとは完全に縁を切り、

昔すごいアトピーだったよ

と言っても、信じてもらえないくらいお肌が健康になりました。

 

 

 

自然治癒力アカデミー受講生の方にも多いアトピーの問題。

 

 

本記事では西洋占星術的観点、分子栄養学的観点、心理学的観点という様々な観点から

アトピー性皮膚炎の原因と完全治癒させるまでのロードマップを解説します。

 

 


目次

  1. 腸内環境を整える

  2. たんぱく質の摂取

  3. 健全な人間関係を築く境界線を構築する

  4. 人生にスピリチュアルなものを取り入れる

  5. 海のチカラを活用する

  6. 運動を習慣にしよう

  7. 私の例

 

 

 

腸内環境を整える

 

 

アトピーを患っているケースでは腸内環境が悪化しているケースが多いです。

 

 

腸は健康の基本です。

腸で食べたものを正しく消化、吸収、排泄できることが健康です。

 

どんなに素晴らしい栄養素を摂取しても、消化・吸収できなければ意味がありません、

 

腸の問題はアトピーの原因になります。

アトピーを治すには、まずはグルテンや糖質を制限するなどして、腸内環境を整えましょう。

 

リーキーガット症候群といって、腸に穴が空いていて、老廃物が血中に回ってしまっている可能性もあります。

まずはそれを検査しましょう。

▶︎腸のバイオロジカル検査体験記

 

 

 

 

腸と脳の関係

 

 

腸と脳はつながっています。

 

ステロイドを長期使用している場合、ステロイドに依存しています。

依存体質が強い人ほどアトピーが悪化するといって良いでしょう。

 

 

 

本来自分の膵臓の力で生み出すステロイドホルモンを外部から与えることによって、自分の膵臓が

 

あ、くれるなら自分で出さなくて良いんだね!

 

と考え、本来のステロイドホルモンの分泌という仕事をどんどんサボってしまうことになるのです。

 

その結果、ステロイドが手放せなくなる。

 

外から与えたら、働かなくなる。

外からステロイドホルモンを与えて甘やかしてしまえば、膵臓の本来の能力は失われてしまいます。

 

 

ステロイドホルモンを分泌するのは、膵臓ですが、ではなぜ膵臓がうまく働いてくれないのかを解説していきます。

 

 

たんぱく質の摂取

 

わたしたちの体を構成する要素は20%がたんぱく質でできています。

 

内臓も髪の毛も爪も、お肌も、たんぱく質でできています。

たんぱく質を分解したものをアミノ酸と言います。

参考:アミノ酸の基礎知識

 

 

 

アミノ酸は20種類あり、

✔️ 体内で合成できない必須アミノ酸

✔️ 体内で合成できる非必須アミノ酸

の2つに分けられます。

 

 

体を構成する大元となるたんぱく質(アミノ酸)

これが不足していたら、前述した膵臓が働こうと思ってもうまく働きません。

 

 

また、ステロイドホルモンを分泌する元である脳も自律神経もうまく働いてくれないのです。

(参考:自律神経を調整する方法)

 

 

 


    ▼

    ▼

    ▼

自律神経

    ▼

    ▼

    ▼

膵臓

    ▼

    ▼

    ▼

ステロイドホルモン分泌

 

このステロイドホルモンもタンパク質でできているのです。

そのためタンパク質が不足すると、ステロイドホルモンが合成できなくなってしまいます。

 

 

たんぱく質を必要量、摂取することで、脳、自律神経、膵臓、ステロイドホルモンが正しく働く基盤が整うということになります。

(必要摂取量などについてはここでは割愛します)

 

依存傾向にある人は、たんぱく質の吸収率が悪い傾向にあると言われています。

 

まずはタンパク質をしっかりと摂取しましょう!

 

動物性タンパク質がおすすめではありますが、お肉やお魚を食べて消化不良を起こす場合は、腸内環境が悪化している可能性が高いです。

 

まず、質の良いプロテインの摂取がオススメです!

→Naturecan

 

 

 

 

健全な人間関係を築く境界線を構築する

 

アトピーを患う方の多くはHSP・スターチルドレン です。

繊細で優しい性質を持っていて何事にも依存的、他者との境界線がありません。

▶︎HSPの特徴と対処法

▶︎寂しい、愛されたい、孤独を感じているスターチルドレン へ

 

 

 

アトピーを患うケースでは、ほぼ100%、占星術で分析すると、海王星のエネルギーに巻き込まれています。

 

 

海王星は自分と他者をひとつにし、境界線をなくします。

 

 

あなたの悲しみは私の悲しみ

 

あなたの苦しみは私の苦しみ

 

相手と共感、同調することが得意で、それを長所だと思っているケースも少なくありません。

共感すること自体は悪いことではありませんが、過剰になるとそれは「依存」「同化」です。

 

 

皮膚は他者と自分を分ける境界線。

 

 

あなたは、誰かと同化していないでしょうか?

あなたの感情や考えだと思っているものは、パートナーや親のものかもしれません。

 

 

アトピーは、あなた以外の誰かに

 

アイデンティティを壊されていますよ

 

他者に侵入されていますよ

と体が訴えるアラームです。

 

健全な境界線を学び、心身ともに健康でいられる距離感をトレーニングしましょう。

 

 

 

人生にスピリチュアルなものを取り入れる

上述した通り、アトピーを患う人は海王星のエネルギーが強い人です。

 

海王星には、以下のような意味があります。

 

<プラスの意味>


✔️ 慈悲・祈り

✔️ ワンネス

✔️ スピリチュアル

✔️ 宗教

✔️ 理想主義

✔️ 芸術

✔️ イマジネーション・想像力

✔️ アーティスト


✔️ 感受性が強い・繊細

✔️ 霊媒体質


<マイナスの意味>

✔️ アルコール中毒

✔️ 不安定・放浪

✔️ 非現実的

✔️ 他者との共依存

✔️ドラッグ中毒

✔️幻想・妄想

✔️ 詐欺

✔️ 現実逃避

 

 

あなたが、海王星のエネルギーを100持って生まれたとして、そのエネルギーをなかったことにすることはできません。

 

 

そのエネルギーをどのように使うかは選択することができます。

ドラッグ中毒としても使えますし、アーティストの才能としても使えます。

 

アトピーを患っている場合は、他者との共依存になっています。

 

なんらかスピリチュアルなものを生活に取り入れることで、他者に依存しにくくなります。

楽しめるスピリチュアルをおススメします。

 

心には、やめようと思えば思うほど欲しくなるという心理的リアクタンスという働きがあります。

ムリヤリやめようと闘う方法では依存性を治せません。

 

依存する先を変えることで、自然と変わります。

▶︎依存症の改善法〜マントラチャンティング〜

 

 

 

海のチカラを活用する

 

 

 

 

アトピーを患う方は、基本的に他者との境界線がないことは(3)他者との健全な境界線を構築する でお伝えしました。

 

 

霊媒体質ともいえる能力を持っているので、他者の考えていることが自然とわかってしまったり、

悲しんでいる人や苦しんでいる人を見るとすぐに手を差し伸べたくなる優しさは特筆すべきものがあります。

 

 

 

あなたは自覚がなくても、無意識のうちに他者のエネルギーをもらっている可能性があります。

 

 

海は、他者のエネルギーを流してくれます。

塩は、もらってしまったエネルギーを浄化し、あなたがあなた自身でいることを促してくれます。

 

 

海になかなか行けないという方は、定期的にお風呂に塩をいれて浄化したり、

海の映像を流す、波の音を聞くことも大きな効果があるはずです。

 

 

 

運動を習慣にしよう

 

アトピーの人にとって運動をするメリットはズバリ、受け取ってしまった他者のエネルギーを外に出すことができることです。

 

境界線の弱いHSPさん、スターチルドレンは、無意識に他者のエネルギーを受け取ってしまっていることは上述しましたが、

その発散方法として運動は必須です。

 

汗をかくことで他者のエネルギーが体の中から排泄されて、アイデンティティが守られます。

最低2日に1回は1時間以上、汗をかくくらいの運動をしましょう。

 

 

 

 

私の例

 

こちらでもお話ししています。

 

 

 

 

7歳でアトピーを発症しました。

 

学生時代は部活を熱心にやっていた時期までは肘や膝の裏がカサカサする程度で症状がひどくなることがありませんでした。

 

 

その後、家族で一軒家からマンションに引っ越しをしたことと、部活をやめたタイミングで症状が一気に悪化しました。

 

 

家族でのマンション暮らしは、HSPのわたしにとってはストレスが強く、運動をやめたことで、もらってしまった他者のエネルギーを出す場がなくなってしまいました。

 

 

大学で1人暮らしを始めてから少し症状が落ち着きましたが、それでもお化粧ができないくらい顔が真っ赤に腫れ上がっていました。

 

 

ステロイドを塗ってもぶり返す日々が続き、かゆみで眠れない。

 

ある出逢いで、24歳の時、アトピー治療で有名な丹羽先生の治療を受けたことで

症状は寛解しましたが、完治とは言えない状態が続きました。

 

 

20代後半でヨガを始めた時、本格的に脱ステロイドを考えるようになりました。

 

 

数年かけてステロイドをやめ、食べ物を見直したことで、ひどい症状はでなくなりました。

 

 

31歳で離婚をした時、元夫や実母と共依存になっていたことに気づきました。

 

心理面に大きく働きかけたおかげで、薬を使うことはなくなり、たまにカサカサしてかゆくなるくらいにまで良くなりました。

 

36歳で宮古島に旅をして、綺麗な海に感動していたら、湿疹で荒れていた膝から下が綺麗に治ってしまいました。

 

 

宮古島に魅せられて移住をしたら、アトピーが完治しました。

宮古の海が、不要なエネルギーを浄化してくれて、3ヶ月住んだら性格までが大きく変わってしまいました。

 

 

汗をかくことの大切さ

 

もともと冷え性がひどかったのですが、沖縄に住んだことで汗をかくようになり、汗によって他者のエネルギーが排泄されていっていることも、アトピーが治癒した要因だと考えています。

運動をしっかりとして、汗から他者のエネルギーを排泄して

栄養面、心理面、どちらにも働きかけることが大切だと思っています。

 

 

リーキーガット症候群の影響

 

アトピーや体調不良で悩んでいた頃、友人の治療家に診てもらうと、大抵血液が汚れていると言われていました。

荒れた食事の影響もありましたが、リーキーガット症候群が原因でした。

 

2年前にリーキーガット症候群の治療を受け、腸の慢性的な不調と決別するまでは、お肉を食べると消化不良を起こし、タンパク質の摂取には苦労しました。

プロテインを飲んでもうまく消化できずに、太るだけになってしまったこともあります。

▶︎腸のバイオロジカル検査体験記

 

リーキーガット症候群が治癒してからは基本的に体の調子が良く、悩みだった若白髪まで良くなりました。

 

今年の1月、久しぶりに肌がカサカサかゆくなり、重金属検査を受けました。

ヒ素と水銀が溜まっているとの結果が出て、現在は重金属排泄の治療を受けています。

 

 

アトピーが治ると人生が変わる

 

アトピーが治ると、人生が明るいです。

肌荒れは自己否定と直結しますし、肌が綺麗だと人と自信を持って関われるようになりました。

 

あなたも、このロードマップに従って、ピカピカのお肌を取り戻していってください!

体には自然治癒力があるので、甘やかさなければ、必ず良くなります。

 

応援しています!

 

 

 

 

 

 

完全治癒までのサポートが欲しいという方は、こちらをご登録ください。

 

自然と調和した生き方で精神的・物質的豊かさを手に入れる

ココロとカラダ、人生さえも好転する自然治癒力アカデミー

期間限定無料メール講座を公開しています!ご登録はこちらから

↓↓↓

 

 

 

-健康, 山添ともこについて